先日レッカーにて運ばれてきたR33 GT-Rですが、症状を聞くと

ただ単純にカブってしまっただけのようなのでまずはプラグを抜いていきます。
IMG_3487
カバーが塗装されていますので傷をつけないように養生してからカバー類をはずしてしまいます。
IMG_3486
プラグを抜いたらアセチレンでプラグを焼いてしっかり燃料とカーボンを飛ばします。

焼いたらプラグを取り付けてドロッピングレジスターのカプラーを抜いて
IMG_3489
インジェクターが作動しないようにしてからセルを回して

念のために燃焼室内のガソリンも飛ばします。

後はI/Gコイルなどを仮組みしてエンジンスタートです。IMG_3488
ばっちりスタートOKなので完全に組み上げて試走にて再確認です。
IMG_3491
若干セッティングが出ていないようなので要セッティングをオーナー様にお伝えして

作業完了です。